レトルトカレー実食レポ:「大山イカスミカリー)」&「和風金沢カレー」

レトルトカレーレポートです!今回は「大山イカスミカリー)」&「和風金沢カレー」を実食レポートのです。どちらもクセはあるレトルトカレーです。でも食べたくなっちゃいます。

◆大山イカスミカレー(ダイセン)


臭いがイカ墨。。ちょいクサです。

食べてみると。。。
意外と、イカスミ感が足りない!?イカのうまみがもう少しあっても的な感じでした。でもまずいとか、物足りないわけではありません。十分スパイシーで、カレーとしてのおいしさはあります。

ただイカ墨というインパクトからくる期待は、超えてこなかったということろでしょうか。よくお店などで食べるイカ墨パスタやパエリアなどの方が、イカ墨感は強い印象です。カレーに負けちゃう!?のでしょうかね。
大山イカスミカリー.jpg


◆鰯組監修「和風金沢カレー」(ケービーエフ)


食べる前から、いわしのいりこ?のような香りが、ふわっときます。

そして一口。うんおいしい。
食べる前に思っていたイメージは、蕎麦屋のカレーでしたが、これは違います。カレーなのです。スパイシーさがカレーライスで、そしてそこに鰯のいりこがふわりと、ほどよく香といった感じで、嫌味がそれほどありません。

これはまた食べたくなる味です。
金沢カレー.jpg

ここまでいろいろ食べてみるとレトルトカレーといってもかなり違いが大きいです。好みも出てきましたが、いろんなレトルトカレーにチャレンジしていきたいと思います!それではまた通常記事もよろしくです!!

PR