新たな「クレイジージャーニー」達も登場!!個性あふれるラインナップ(2016年10月~12月まとめ)

TBSのクレイジージャーニーですが、今や深夜番組の枠を超えて、広く人気となっています。そして10月~12月のラインナップはかなり充実しています。クレイジージャーニーの2大スター。佐藤健寿さん、丸山ゴンザレスさんの回や、新たなクレイジージャーニーも登場。そんな見逃せない10月~12月の詳細をお届けです。


-------------------------
過去の放送について
・2015年のクレイジージャーニー
http://osusumegeorge.seesaa.net/article/430769385.html
・2016年1月~2016年3月までのクレイジージャーニー
http://osusumegeorge.seesaa.net/article/436083979.html
・2016年4月~2016年6月までのクレイジージャーニー
http://osusumegeorge.seesaa.net/article/439611165.html
・2016年7月~2016年9月までのクレイジージャーニー
http://osusumegeorge.seesaa.net/article/441354232.html
-------------------------

2017年1月1日深夜0時30分から『クレイジージャーニー元日SP』予定です!ぜひ今までの放送回を予習して、SP放送に臨みましょう。そして、DVD第4弾の発売も決定。さらに盛り上がっているクレイジージャーニーの2016年10月~12月まとめをどうぞ!!


『宮城公博』:進むのは激流&滝… 命懸けの「沢登り」に熱狂する男


(放送日時:2016年10月27日)
公式ブログ: http://sexy-tozan-bu.blogspot.jp
沢登りと聞いた時、どうなのかと思いました。しかし実際は、激流、そして滑る、泳ぐという危険な場所を突き進むのが「宮城公博」さんです。

今回VTRでは、スタッフが同行という事で、かなり初心者な場所に行きましたが、それでもなかなか過酷でした。今回は、初心者に合わせた場所であったので、本気の沢登りを知ることができなかったのは少し残念でもあります。

外道クライマー [ 宮城公博 ]

価格:1,728円
(2016/12/17 21:15時点)
感想(2件)





『高野秀行』:歴史に埋もれた幻の「西南シルクロード」に潜入


(放送日時:2016年11月4日)
公式ブログ:http://aisa.ne.jp/mbembe/
シルクロードは一つではありません。例えば海のシルクロードなんてのもあります。そして今回「高野秀行」さんが、紹介してくれたのは紛争などもありなかなか調査のできないルートである西南シルクロードの実態に迫ってくれたのです。

もちろん今回も、現地に潜入するスタイルで調査をしたそうなのですが、そのエピソードがとてもギリギリなものでした。反政府ゲリラに潜入し、さなざまな民族の風習や食文化を実際に目で、手で、口で調べたことを教えてくれるのは、着色もなくとても興味を引きます。象酔、脳みその味というのは体験しなければ出てこない言葉です。高野さんの回はいつも興味深いです。

西南シルクロードへの見解も示されていたので、書籍やDVD発売時にはチェックしてみてください。またこの調査を通じて、アジアの納豆文化にも興味をもったようです。こちらもさらに面白いですよ!!

西南シルクロードは密林に消える [ 高野秀行 ]

価格:982円
(2016/12/17 23:07時点)
感想(5件)





『岩谷圭介』:風船で宇宙を撮影するクレイジーな発明家


(放送日時:2016年11月10日)
公式ブログ: http://fusenucyu.com/
風船で宇宙から地球を撮影というのを聞いたことある方も多いかと思います。しかしこれは意外と高度な技術が集合しているようです。そんな風船による宇宙撮影を行っているのが「岩谷圭介」さんです。
子供のころから機械をいじってはバラシてと、さまざまな仕組みに取りつかれたクレイジージャーニーな岩谷さんは、宇宙撮影というジャンルでも秀でているのです。

打ち上げから1時間30ぐらいで落ちてくるそうなのですが、これをGPSで確認しながらすぐに拾いに行かないといけないようです。当然、落ちても大丈夫な場所とかも計算されているのでしょう。そういった精度というのが岩谷さんの凄さなのかなっと思います。

ちなみに風船による宇宙撮影の魅力は、連続した映像が取れる事で実際に宇宙と地球がつながったものであると実感できることだそうです。見えないものを見えるレベルに、誰でも触れるものへ落とし込んでくれるその技術と情熱はとてもクレイジーな作業だと思いました。面白く、情熱の高い方です。

宇宙を撮りたい、風船で。 [ 岩谷圭介 ]

価格:1,512円
(2016/12/17 23:12時点)
感想(1件)





『林典子』:今なお続くキルギスの誘拐結婚に迫る


(放送日時:2016年11月17日)
公式サイト: http://norikohayashi.jp/
林典子さんは、報道写真家なのですが一瞬を写したものというのではなく、その中にある人生や実態を写すということを行っているジャーナリストだそうです。

そしてこの回で取材していたのが「キルギスの誘拐結婚」というものです。結婚したいと思った女性を、実際に男性が誘拐して、ある意味無理やり結婚するという風習だそうです。キルギスではこの風習に対して法律で禁止もしているのですが、現在でも続いているようです。

そしてその実態は、さまざまなのですが、無理やりであったが幸せになった人や、逆にとても不幸なことになってしまった事例。また親の反対があったため結婚できなかった男女が駆け落ちとして行った事例など、キルギスの誘拐結婚といっても一様ではありませんでした。そしてその瞬間を映し出したものは、複数枚が合わさり物語を語ってくれる写真でした。林典子さんはこれを一人で挑んで撮影旅をしているということですから、その情熱の熱さはクレイジージャーニーですね。

キルギスの誘拐結婚 [ 林典子(写真家) ]

価格:2,808円
(2016/12/18 02:56時点)
感想(1件)





『林典子』:独特な信仰を持つヤズディー教を語る


(放送日時:2016年11月24日)
公式サイト: http://norikohayashi.jp/
前回に引き続き「林典子」さんによる、知られざる世界の風習が伝えられました。それはヤズディー教というものです。あまり耳にしない名前です。

中東のイラク北西部で信仰されている宗教なのですが、さまざまな宗教的な要素を含んでいるそうです。そのためその地域のイスラム教や他の宗派にも属すことがなく、特にISによる迫害の的にもされてしまっているそうです。文化・風習的に独特であることが、ある意味で迫害される元となるという現実は宗教問題で注目されるイスラム教徒とキリスト教の問題とかだけでなく、こういったあまり伝わっていない問題が多くあるのだと感じるお話でした。

映像や林典子さんのお話を聞くと、明らかにゾロアスター教的な要素が強いなっと思いましたが、そういった話題はありませんでした。実態はどうなんでしょうね。気になります。

人間の尊厳 [ 林典子(写真家) ]

価格:1,123円
(2016/12/18 00:34時点)
感想(0件)






『高野秀行』:謎のアジア納豆


(放送日時:2016年11月24日)
公式ブログ:http://aisa.ne.jp/mbembe/
日本の納豆は味や食べ方が1つしかなくつまらないと、本場アジアの人に言われたそうです。食べ方なんて種類があるのかと思ってしまいますが、アジアでは違うようです。

納豆の起源に迫るためにミャンマーやネパールなど、アジアの深い場所へ調査へ向かっているのです。日本人が考える納豆とは少し違い、3食何かに納豆という素材が使われるなど重要な食品なようです。たとえば煮たり、焼いたり、炒めたりとさまざまな食材と共に、家庭料理として使われます。納豆自体も乾燥したものなどもあり、日本があまりにも固定観念にとらわれていると思うほど、納豆文化として遅れていると感じました。

この回も、とても面白かったです。高野さんも言われていましたが、食文化の差というのは文化の交流やつながりを示しやすいものではないかと、私も思いました。これによってアジアの文化のつながりが解明されそうなぐらい、すごい取材ではないでしょうか!!前回の西南シルクロードとの関連性も指摘されていました。興味深い。

謎のアジア納豆 [ 高野秀行 ]

価格:1,944円
(2016/12/17 23:34時点)
感想(0件)






『佐藤健寿』:「奇怪遺産」×「世界一雷が多発する村」その光景とは?


(放送日時:2016年12月1日)
公式ブログ:
http://kikai.org/
https://twitter.com/x51

写真家の佐藤健寿さんが訪れたのは、南米のベネズエラです。そこには「世界一雷が多発する村」というのがあるそうです。この世界一雷が多発する村「オロガ村」という場所は、村自体が水上(巨大な湖)に作られていて、生活風景自体にも奇怪遺産の写真家として、興味をひかれていました。

そしてメインとなる雷ですが、これがまたたくさん発生します。そうは言っても雷を撮影するのは、至難の業っと思いきや奇跡的な超~すごい写真をバシャり!!これにはストームチェイサーの青木豊さんも、うなるものでした。さすが佐藤さん。やってくれますね~。

本当に世界には奇怪ともいえる場所がありますね。なぜ雷が多く発生するのかについては、このマラカイボ湖という場所が、アンデス山脈に囲まれていて、日中の太陽熱で温められた上昇気流によって、湖の湿気た空気により、雲ができるといわれているそうです。まさにクレイジーな場所です。

奇界遺産(2) [ 佐藤健寿 ]

価格:4,104円
(2016/12/17 23:35時点)
感想(1件)






『佐藤健寿』:「奇怪遺産」×「ミイラ研究所の廃墟」その実態とは?


(放送日時:2016年12月8日)
公式ブログ:
http://kikai.org/
https://twitter.com/x51

今回のメインとなるのが、ミイラ研究所(パークムゼオドクタークノッヘ:PARQUE MUSEO Dr.KNOCHE)です。
研究所はかなり山奥にあり、4時間かけてミイラ研究所へ到着です。山奥、そして木々が生い茂った場所に残るミイラ研究所の廃墟は、外観だけでも異様さを放っています。

ドイツからベネズエラにわたり、当時ベネズエラの戦争でなくなった人の保存として、ミイラ研究を進めたそうです。今回、特別に中に入ると棺がおかれ、ミイラのレプリカもおかれていました。どうやらミイラ化するための液体は完成していたそうですが、クノッヘ博士のミイラも含めて、どこに行ったかなどはよくわかっていないそうです。う~ん謎が含まるばかりです。

さらに今回は、さまざまなベネズエラの様子を伝えてくれました。
1つ目は、カミナリ撮影を終えて、次はミイラ研究所の廃墟へ行く道中で立ち寄った、ベネズエラの闘牛です。馬で牛を追いかけて、しっぽを掴み、転ばすと勝というスタイルだそうで、賭け事にもなっているようです。

2つ目は、廃墟ビルがスラムになってしまった「デイビットタワー」です。計画途中で止まってしまい、住み着く人がでてスラムのようになったそうです。現在では、新たな買い手がつき、スラムも解散させられているそうです。

3つ目は、ベネズエラに伝わったアフリカ由来の宗教があり、取材されていました。
水太鼓というものを紹介してくれました。女性が水をパンパンたたくというもので「あなたの子供を産んでもいいです」という合図だそうです。いろんな風習がありますね。

4つ目は、ベネズエラにある巨乳過ぎるマネキンです。本当にかなりの巨乳でした。これはミスユニバースとしても有名な国で、一般人でも広く豊胸をしている人が多いそうで、そのためそういった巨乳のマネキンもあるそうですよ。

5つ目は、ベネズエラの「悪党崇拝」というものです。悪党像というものを飾り崇拝するそうです。なぜかというと警察や権力に対して、立ち向かう象徴としてまつられることがあるそうです。

6つ目は、メキシコについてです。
こちらはメキシコのソチミルコという場所にある「人形島」を紹介してくれました。佐藤さんの写真では、かなり異様なほど無数の人形がつりさげられていて、その理由について、島にいたサンタナという人が、溺死し流れ着いた少女の霊を鎮めるために、同じく流れ着いた人形を吊るすようになったということのようです。現在はサンタナさんはなくなり、甥っ子により管理されているとの事です。
さらにメキシコの死者の日の様子も紹介してくれました。今ではかなりハロウィン的な仮装イベントとしても盛り上がりを見せている様子だそうですよ。

う~ん、どれも不思議な風習や風景です。そしてそれぞれにいろいろな理由やドラマがあり、興味深いです。

世界の廃墟 [ 佐藤健寿 ]

価格:1,899円
(2016/12/17 23:36時点)
感想(4件)





『昆虫食愛好家 愛』:昆虫所愛好家の「愛」がハマる「昆虫食の旅」とは?


(放送日時:2016年12月15日)
公式ブログ: なし
昆虫食という聞きなれない言葉ですが、とにかく虫を食べるという事です。決してゲテモノとして食べるのではなく、おいしいから食べるという感覚のようです。そして昆虫食愛好家である「愛」さんは、家でも食べるために昆虫を育てるというクレイジージャーニーでした。

昆虫食に出会うために、スラム街の市場を女性一人でかっぽする姿は現地の人のようになれた感じです。ちなみに通常よく出回るものは冷凍品が多いそうですが、こういった場所に行くと生のもの手に入るそうです。昔から日本でもいろいろな昆虫を食べるので、そういった意味では原点回帰?のような気もします。

そして今回はスタッフの為に、愛さんが料理を作ってくれました。虫を使用した、炊き込みご飯やチンジャオロース、ゴマ揚げと意外と味付けとしてはおいしそう。機会があれば私も食べてみたいです。クレイジージャーニーのディレクターさんとしては、ゴマ揚げが苦かったようですが、他は美味しく食べていました。

今回のタイ旅行の目的はカブトムシを食べるだそうです!!イメージがないですね~。カブトムシを食すとは。殻が硬そうですがどうなんでしょう。食べるのはヒメカブトというものらしいです。でも現地のタイ人には引かれていました。それは通常食べないらしいです。。。そして実際に捕まえて食べていたのですが、味はトルキスタンゴキブリに似ているそうです。よくわからない。どうやら蜜をすっているので甘いそうです。

ちなみにタイでは昆虫食にチャレンジできるレストラン「クロックマイ タイラオ」があるそうです。ちょっと食べてみたい。また愛さんは昆虫は大丈夫なのにゲテモノがだめだそうで、ゲテモノって何かと思ったらモツ煮込みがだめだそうです。人にとってゲテモノってのは違いますね~。

※以下は昆虫食に関する一般的な書籍です。愛さんは書籍などもまだ出されていない?ようです。

昆虫食古今東西 [ 三橋淳 ]

価格:1,944円
(2016/12/18 00:08時点)
感想(0件)





1月25日DVD4巻発売


1月25日にいよいよクレイジージャーニーのDVD第4巻が発売されます!!なんと私の大好きなリアカーマンが入ってます。あの人すごいです。ただただ進むその気持ちがとても素敵です。さらに他のクレイジージャーニーもDVD第4巻には収録されているので、そちらも当然楽しみです。収録内容は以下の通りです。

・「奇界遺産」×「地獄の入り口」佐藤健寿
・「奇界遺産」×「ハイエナマン&謎の老人」佐藤健寿
・「リヤカーを引いて地球を歩き倒すリヤカーマン」永瀬忠志
・「DVD第3弾発売記念イベント」丸山ゴンザレス&佐藤健寿&あべこうじ
・「メキシコ麻薬戦争 前編」丸山ゴンザレス
・「メキシコ麻薬戦争 後編」丸山ゴンザレス
・「北極で偉業に挑む冒険家」荻田泰永
・「クレイジージャーニー」×「王様のブランチ」松本人志&設楽統&小池栄子&笹川友里アナウンサー
(番組サイト:http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

クレイジージャーニー vol.4 [ 松本人志、設楽統、小池栄子 ]

価格:2,286円
(2016/12/16 00:52時点)
感想(0件)





これまでのクレイジージャーニーの出演者をジャンル別にまとめましたので、こちらもどうぞ!
【クレイジージャーニー】ジャンル別まとめ「感動・驚愕・恐怖・尊敬」
http://osusumegeorge.seesaa.net/article/440110802.html