ストーンヘンジのなぞ解明!巨石文明をささえた巨人は!?

ストーンヘンジのなぞ解明!巨石文明をささえた巨人は!?イギリスにある世界的な有名な遺跡ストーンヘンジ。巨大な石は当時の技術でどのように運んだのか宇宙人や巨人説などさまざま。しかしその謎が解明されたというのです。

ストーンヘンジといえば、世界を代表する巨石文明、巨石遺跡の代表です。巨石なだけに、その作られた方法が、いまだに謎なのです。巨人の仕業!?、宇宙人説など、さまざまな憶測が飛んでいます。そんなストーンヘンジのなぞに一石を投じる見解が発表されたのです。

@tempting_caseが投稿した写真 -





◆ストーンヘンジはここにある。
ストーンヘンジは、イギリスのソールズベリーという場所にあります。謎を解明する1つは立地にあります。この場所の近くには採石場(プレセリ山:Preseli Mountains)があり、今回UCL大学とれスター大学の調査によって、ストーンヘンジの石が近くの採石場から運ばれたものだということが分かりました!!
しかし!!石の重さは2トンなど、クレーンが必要なレベルです!!さあ古代の人はどうやってのでしょうか?
ストーンヘンジの山
ストーンヘンジの山
http://www.telegraph.co.uk/science/2016/05/23/stonehenge-wasnt-so-hard-to-build-after-all-archaeologists-disco/


◆ストーンヘンジの石を運んだのは?
ストーンヘンジができたのは、4000-5000年前、新石器時代。そう石器の道具を使っていたような時代に、あんなに巨大なものをどうやって作ったのでしょう。単純に運ぶのだって大変です。
実は、この問題を大学で実験が行われたのです。それが以下の画像です。

えっ?意外と簡単なの!?
ストーンヘンジの山
http://www.telegraph.co.uk/science/2016/05/23/stonehenge-wasnt-so-hard-to-build-after-all-archaeologists-disco/
これは一例ですが、こうやって運ぶことができるという実証です。1トンの石を10名程度で時間をかければ、運べるそうですよ。時速1マイルで。う~ん、あんなモニュメントならいくら時間をかけても作るかもしれないですね!今でいえばオリンピックスタジアムとかスカイツリーとかそんなイメージでしょうか。一大事業ですからね~。


しかし、まだまだ世界には謎がいっぱいなので、これですべてが解決されたわけではないのです。今後の展開も期待されます!!


この記事へのコメント