反イスラムデモの年配者に向かっていった若いイスラム女性はどうなったのか?

反イスラムデモの年配者に向かっていった若いイスラム女性はどうなったのか?ベルギーやドイツなど、ヨーロッパでは、反イスラームデモが行われることがあります。そんな移民問題などで不満を持った右派のデモの真っただ中へ若いイスラームの女性が突入したのです!結果は!?

ヨーロッパでは、多くの右派の間でデモが活発となっているようです。原因の発端はISISなどを起因とした移民の流入とも考えられ。最近もドイツのベルリンで大規模なでもが行われたばかりでした。

デモの映像はこちら



◆デモで起こった珍事!
そして今回、ベルギーで開催されていた「ムスリムエキスポ(Muslim Expo)」でも、同じようにデモがおこなわれたのです。そのデモで起こった珍事がTwitter上でかなり話題となっています!
・ムスリムエキスポ(Muslim Expo)サイトはこちら
http://muslimexpo.be/






そう一人のイスラーム教徒の若い女性が、デモとともに記念撮影、自撮り(セルフィー)を行ったのです!!あくまでもデモに抗議するのでなく、その状況を伝えるためだけの写真なのです。なんといっても、やられた側の表情が印象的です。デモの抗議を続ける人、思わず笑ってしまう人などさまざまな反応。
jpg

jpg
※Twitter上では彼女の過去のツイートが反社会的な発言だとして、反発する人もいます。どういった状況で発せられたものなのかも分からないので、判断のしようがないですが、気になる方は検索してみてください。


◆ヨーロッパでのイスラームはどうなるのか?
海外でも年配者の方のデモ参加が多いのは日本と同じようですね。もしかしたらジェネレーションギャップの問題が、デモと関係しているのかもっと少し思ってしまいました。実際に直接的な被害を受けた人ならば、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」といった感じで、抵抗感はやはり生まれてしまうのでしょうね。実態はわかりませんが。また宗教の問題や生活の違いを完全に納得することは不可能なのかもしれませんね、しかし、ある程度相手の立場や状況を理解することはできるでしょうね。今回の写真はそんな状況を伝えるよいきっかけになるのではないでしょうか。


この記事へのコメント