心臓病の原因は、ネアンデルタール人!?現代人に影響か?

心臓病の原因は、ネアンデルタール人!?現代人に影響か?

昔、教科書では、ネアンデルタール人は、現代人(クロマニヨン)の祖先であるとならいましたが、一時期から、ネアンデルタール人は、現代人とは別の人類として、分類されるようになりました。
しかし!!時代は進み現在では、ネアンデルタール人のDNAは、現代人の2%近く残っているといわれていて、現代人との交配があったことが、科学的にも確認されているのです!

ネアンデルタール人さんは、近くて遠い親戚の「おじさん・おばさん」だったのです。
7283199754_59ab87e2a5_m.jpg
https://flic.kr/p/ePiGN6

そんな、ネアンデルタール人さんが、私たちの体に影響を残しているというのです。
それも病気の面で。。。

研究結果によると、
アメリカ国内の9つの病院から、28,000人以上の大人(ヨーロッパ系)DNAデータを確認し、心臓病などの遺伝子変化が起因するリスクに関して調査が行われました。
そして、ネアンデルタール人のDNAを起因とする変化がもたらす病気としては、
心臓病、皮膚病、ニコチン中毒になりやすくするリスク、脳卒中など幅広いっと研究者は語っています。

う~ん、そんなにも影響しているとは、驚きでした!

しかし、逆に人類に恩恵もあるそうです。脳卒中を高めてる原因として、血の凝固を高めるDNAがあるそうなのですが、これは傷などの回復においては、逆に良い効果をもたらしています。
良い面と悪い面は、常に表裏一体といったところのようです。

進化ってのは、やっぱり面白いです。
ネアンデルタール人が、現代人にも多く影響しているのですから、
これから、日本人もヨーロッパの人やアフリカの人などの混血が増えていけば、さらなる人類がどんどん生まれていき、1万年後には、驚くべきことになっているのではと、個人的に表しまいます。

宇宙時代になり、本当に宇宙人がいて、交配が可能となれば、さらに可能性は無限です!!
(via: http://www.livescience.com/53691-neanderthal-human-interbreeding-health-risks.html



この記事へのコメント